Nishiki-Hub

国内外のPC/PCパーツ/スマホ/Appleなどの最新情報を取り上げています

Mac

Apple、新型「MacBook Pro」を発表 〜 13インチを吸収・そしてスペースブラックが追加

Mac

Appleは先程、新型「MacBook Pro」を正式に発表しました。

Asahi LinuxがFedoraに対応へ ~ 「Fedora Asahi Remix」が今月リリース

Asahi Linuxは、プロジェクトとして今後のフラグシップディストリビューションが「Fedora」になることを発表しました。

AppleがHWレイトレを形が違えどしれっと発表した話 〜 Appleのゲーム戦略

これはWindowsで動かしたMincraft RTX WWDCが終わったわけですが、今回のやはり目玉はVision Proでしょうか。その中でしれっと面白い話があったのでその話です。

Apple、15インチ「MacBook Air」を発表 〜 18時間もバッテリーが保つぞ!

出典:Apple Appleは、WWDCにて15インチ「MacBook Air」を正式に発表しました。

Apple、M2 Max/M2 Ultraを搭載した「Mac Studio」とPCIe Gen 4に対応した「Mac Pro」を発表 〜 Apple Silicon移行計画がこれにて完了

Appleは昨夜開催されたWWDCの基調講演にて「Mac Studio」と「Mac Pro」を発表しました。

Apple、M2 Pro/M2 Max搭載「MacBook Pro 14インチ・16インチ」の整備済製品の販売を開始

Mac

錦です。 Appleは2023年1月に販売を開始したM2シリーズ搭載「14インチMacBook Pro」と「16インチMacBook Pro」の整備済製品の販売を開始しました。

Apple、Apple M2/M2 Pro搭載「Mac mini」の整備済製品の販売を開始 ~ 71,800円から

Mac

錦です。 AppleはApple M2チップを搭載した「Mac mini」の整備済製品の販売を開始しました。

M2 MacBook Airのストレージ速度はどれだけのものなのか ~ 512GB M1と1TB/256GB M2で比較

MacBook Airというか、M2 Macには共通してM1 Macから劣った部分があるとされた。それは最下位モデルでのストレージ速度である。今回は実測値でそれを比べてみよう。

Microsoft、Apple M1/M2搭載MacでWindowsを動作する方法を公式に案内 ~ ParallelsやWindows 365を推奨

錦です。 MicrosoftがApple Siliconを搭載するMacでWindows 11を動作させる方法を公式に案内しています。

M2 Proでメモリが4チップになった理由と、新型Mac miniと新型MacBook ProでSSDの性能劣化が起きた理由

錦です。 今回は、MacBook Proのヒートシンクから見る様々な側面についての情報です。MacRumorsとiFixitによると、これらの原因の一つは市場の動向であるようです。

新型MacBook Pro、Mac miniのSSDの話 ~ カスタムモデルではライト速度が向上も、最低構成では速度が最大50%低下

Mac

錦です。 Appleは本日からアメリカで新型MacBook Pro及び、新型Mac miniの販売を開始しましたが、SSDについて気になる話がありました。

今年する製品としてすでに予告されているものをまとめていこう 〜 128コアEPYCにSapphire Rapids、NVIDIA CPU、そしてMac Pro

年始早々登場することが予告されているSapphire Rapids 錦です。 さあ、2023年がついに始まりました。今年はどんな年になるのでしょうか。今回はすでに公式に発表されている2023年に登場する予定のものをまとめていきます。

今年のIntel、AMD、NVIDIA、Apple Siliconの動向をおさらい ~ 決して良い年は言えなかったけれど、重要な年になった

今年登場したRaptor Lake さて、今年もクリスマスが終わり慌ただしく年末がやってきました。普段通りの年末企画を今回から始めます(遅いけどね)。この記事では、半導体メーカーの今年の動向をまとめて行きたいと思います。

Apple Silicon Mac Proの話 ~ どうやらM2 ExtreamはAppleからするとリスクが高いらしい・メモリ/ストレージは拡張可能に?

錦です。 BloombergのMark German氏のニュースレターでMac Proについて述べられていることがわかりました。どうやら開発が遅れているようです。

【編集後記】もし"今"、MacがIntel CPUやAMD GPUを搭載して更新されていたらどんな構成になっていたのだろう。

Apple Silicon Macが登場してはや2年、発表から数えてまもなく2年半となる。AppleはWWDCで今後もIntel Macが登場するようなことを示唆していたが、現時点でIntel Macの音沙汰はまったくない。あれは「まだIntel Macは売り続けるぞ」という意味だったのだろう…

【M1 Mac】パスの設定をしたのにgcc/g++コマンドでまだClangが呼び出される or gcc/g++が実行されないときの対処法

錦です。 今回は、M1 MacにGCCを入れてC++の開発環境を整える方法というか、最近発覚したことをまとめてご紹介します。

Apple、M2搭載の「MacBook Air」の整備済製品の販売を開始 〜 標準モデルが新品より1.6万円安い148,300円から

錦です。 Appleは米国と日本を含め各国で、今年6月のWWDCで発表、その後7月に発売された「Apple M2」搭載の新型「MacBook Air」の整備済製品の販売を開始しました。

Apple M2搭載「MacBook Pro」と「Apple Studio Display」の整備済製品が初登場 〜 MacBook Proは160,900円から!

錦です。 Appleは日本で、Apple M2搭載の「MacBook Pro 13インチ」と「Apple Studio Display」の整備済製品の販売を開始しました。

Parallels Desktop 18を使ってApple M1でWindowsを動かした。

錦です。 今回は、Parallels Desktop 18のトライアル期間を使ってWindows 11をM1 MacBook Airで動作させたので、いくつかの検証をしたいと思います。

M1 MacBook Airで仮想的にUbuntuデスクトップ環境を整えるのが驚くほど簡単だった

錦です。なんか、特に理由はないけどMacで別のOSを使いたくなったのでUbuntu入れます。というよりかは、また自分がやるときに絶対忘れるからブログにメモっとこうって話です。

Apple M2の詳細な仕様が明らかに 〜 各種ベンチマークも

錦です。 Geekbench 5で計測されたApple M2搭載MacBook Proのベンチマークが明らかになっています。

Apple、ゲーム向けに強化された「Metal 3」を発表 〜 超解像技術が追加されレイトレが強化される・iOS 16/iPadOS 16/macOS Venturaに搭載

錦です。 Appleは昨夜開催されWWDCの基調講演、そしてその後のPlatform State of Unionにて、Metal 3を正式に発表しました。

Apple、「Apple M2」を搭載し強化した「MacBook Pro 13インチ」を発表

錦です。 Appleは昨夜開催されたWWDCにて、13インチMacBook Proをアップデートしました。

Apple、「Apple M2」を搭載し刷新した「MacBook Air」を正式発表!

錦です。 Appleは先程、新型「MacBook Air」を正式発表しました。

次期MacBook Airが6月のWWDCで登場するとの情報 〜 個人的に気になる点も

錦です。 BloombergのMark Gurman氏のニュースレターが更新され、WWDCでMacBook Airが登場する可能性があることがわかりました。

M1 Pro/M1 Max搭載「MacBook Pro 14インチ/16インチ」の整備済製品が登場 〜 M1 Pro搭載MacBook Proが21万5,800円から

錦です。 Appleは、日本国内で「Apple M1 Pro」あるいは「Apple M1 Max」を搭載した「MacBook Pro 14インチ」と「MacBook Pro 16インチ」の販売を開始しました。

新型iPad Airはバッテリー交換がしやすいらしい 〜 修理可能なデバイス化をすすめるApple

Mac

錦です。 iFixitがTwitterにちょっと面白いツイートをしていたのをMacRumorsで紹介されていました。

次期MacBook Airは今年後半に登場するのがほぼ確定路線

錦です。 WccftechによるとDigTimes Asiaが、次期MacBook Airが今年広範囲登場する予定と伝えている事がわかりました。

最近出た今年〜来年のAppleの話 〜 MacBook Airは2サイズに分かれる・M2 iPad Proが今年後半登場?・iMac Proの存在の有無・製品のサブスクなど

錦です。 最近のApple系の話をまとめます(最近時間がなかったのでまとめました)。

「Apple M1 Ultra」はRyzenの3〜4倍も大きい 〜 内部には比較的アクセスしやすくなっている模様

錦です。 Max Techという海外のYouTubeチャンネルで、18日に新発売された「Mac Studio」が分解されており、「Apple M1 Ultra」のパッケージサイズが明るみになりました。